【体験記】オラクル認定Java SE8 Silverを2週間で取得する

Java

こんにちは、ゆきたです。

今回は先月取得したJava SE8 Silverの体験記をまとめたいと思います。まだこの資格について知らない方や、これから勉強しようとしている方の参考に少しでもなれば幸いです。最初に簡単に資格についておさらいしておきます。

 

資格について

Java SE7/8 Bronze

プログラミング言語を初めて学ぶ人が理解すべき基礎知識が問われる入門資格です。受験前提条件はなく誰でも受験可能。

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7/8 

 

Java SE8 Silver

Javaプログラミングの仕様を細部まで理解していることを問われる中級資格。実務経験1年以上の初級Javaプログラマーを対象としている資格です。試験範囲はBronzeと多く重複していますが、出題内容がずっと深い。なお受験資格はBronze同様特になく、いきなりSilverから受験することも可能です。

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 

 

 

背景

私のJavaについての事前知識は、

ProgateではRubyばっかりやってたので、Javaはちょっとやっただけ。ドットインストールでも無料枠しか見ていないためJavaはノータッチ(Javaは有料プランで視聴できます)。

その後受講したヒューマンアカデミーの講座で基礎から一通り学びます。

で、感じたのが「物足りない」でした。もっとドサっと知識が欲しい。一人で調べながら何か作ろうにもこれではきっかけになる知識量が全然足りてない。もっと体系的に知識を頭に入れたい。ということでした。

私の今のところの目標が、「自分の作りたいWebサービスを自由に作れるようになること」なので、まずはどれだけ下地を作れるかというところを考えていました。

で、やはり資格の勉強を通して知識を集めるのが手っ取り早いと考えたので、資格を取ることにしました。Bronzeから取ってもよかったんですが、受験料がバカにならないのと、目的が目的なので、Bronzeは参考書だけ買って理解、そのあといきなりSilverから受験することにしました。

 

結果

18年3月24日受験

正解率84%で合格(合格ラインは65%)

1度目の受験で合格。結果がすぐ出るのでドキドキでした。

 

勉強方針

勉強を始めたのは18年3月6日。参考書の到着とともにスタートしました。

まずはBronzeの参考書をやりました。15日には巻末の模擬試験をやってみて、合格点は取れていたので、その日のうちにSilverの勉強を始めました(参考書はBronzeのものとまとめて購入済)。

勉強の仕方ですが、もちろん最初は参考書を読み、書かれているプログラムを自分で打ってみました。で、私の場合は点を取ることよりも理解することを優先していたので、そこからさらに原型を留めなくなるほどコードを書き換えました。「これをこう変えるとどうなる?」とか「こう書いてもうまくいくか?」とかとか。結果的にこれで言語の仕組みを確かめながら進めることができました。あと自分でコードを作れるようにもなりました。

毎日つけている日記を見返してみると、勉強期間は実質Bronzeに9日、Silverに8日かけています。ITパスポートと同様しっかり時間をかけられる状況なので一日3〜4時間は勉強していたと思います。なのでBronzeも含めトータルで考えると70〜80時間かかったことになります。

仕事をしながら取得を目指す場合は1日1時間程度勉強するとして、約3ヶ月あれば良さそうです。

 

読んだ書籍

Bronzeの参考書はいわゆる紫本にしました。問題数は少ないですが説明がしっかりしてあるので、よかったと思います。

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Bronze SE 7/8

 

Sliverは参考書は買わず問題集として有名ないわゆる黒本を選びました。SilverはBronzeと範囲がかなり重複しているという前情報もあり、選んだこの本。実際やってみてこれで十分事足りたと思います。

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

 

受験本番

試験時間は150分。

問題数は77問。

実際には回答して、一度全て見直せるぐらいの時間がありました。

 

思ったこと

試験を受ける前は、いきなりSilver取れるかな?と少し不安もありましたが。すんなり取れてよかったです。なお、今回は一度の申し込みで最大2回まで受験できるというキャンペーン中に申し込んだので、「一回落ちても、もう一回受ければいいや」ぐらいの気持ちで受けてきました。他にもタイミングによっては割引キャンペーンをやっていることもあるようなので、それを待ってみるのも良いかもしれません。受験料はかなり高いので。。

 

まとめ

  • Bronze + Silverで勉強時間は80時間が目安。
  • 二つの資格の試験範囲は重複している部分も多いのでいきなりSilverからでも取れる。
  • 「一度の申し込みで2回受験可能」や「割引」キャンペーンもあるので利用すると良い。
  • コードを写すだけでなく、自分であれこれ書き換えて色々試すとより理解が深まる。

 

受験を予定されている方の健闘を祈ります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました