技術書ノすスめ GitHub実践入門

書籍

こんにちは、ゆきたです。

 

勉強報告の一環として今まで読んだ本の中からこれはよかったと思える本を紹介しています。

今回は「GitHub実践入門」です。言わずと知れた良書かも。。

対象

この本の読者対象は、業務でGitおよびGitHubを利用する人、またはその予定がある人といった感じです。内容的にはタイトルに入門とあるようにあまり深くは掘り下げてはいないですが、それでもワークフローを一通り体験できるような構成になっています。他のバージョン管理ツールからの乗り換えを考えている人にもお勧めできる内容だと思いました。

 

よかったところ

この本はよかったところが結構いっぱいあるのですが、全体的に言えることは実際にやってみて経験値として吸収できるところだと思います。例えば一人開発だとadd、commit、pushはもちろんやるのですが、Pull RequestとかForkってあんまりやることないと思います。そういった一人ではあまり経験できない内容をこの本では体験できるのが良いと思いました。
他にもflowとかhubコマンドなんかも使ってみたりして、実際の開発のワークフローを体験できる構成になっていて、グルーブで共同開発するその前になんとなく流れを掴んでおけるのがよかったなと思います。
GitHubと連携するツールやサービスについても紹介されているので、ここを足がかりに色々と調べていってみるのも良いと思います。
注意点としては、出版されてから少し時間が経っているのでGitHubのインターフェイスがちょっと変わっていたりしますが、その辺はググったりして情報を更新したり補完していくといいと思います。

 

まとめ

この本は買ってよかったなと思える本でした。わかばちゃんシリーズのGit入門書を読んだ後ぐらいにこの本をやるくらいがちょうどいいのかなとも思います。ちなみに私はいきなりこの本をやりましたが、それでも特に困ったことはありませんでした。それぞれの前提知識量にもよると思いますが、最初からこの本で学習を始めても問題ないようにも思います。
この本を読んでバージョン管理や複数人での開発ができるようになりましょう!

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

コメント