技術書ノすスめ Webを支える技術

書籍

こんにちは、ゆきたです。

 

勉強報告の一環と称して、これまでに読んだ本をサックリと紹介しています。

今回は「Webを支える技術」です。

 

対象

この本を読むべき人はかなり広範だと思います。極端な言い方をすればWebに関わる全ての人が読者対象という感じではないでしょうか。
HTTP、URI、HTML、そしてRESTと表紙にある通りこれらの内容について詳しく書かれています。私はこの本でRESTについての理解が深まりました。RESTってなんとなくよく聞くけど…みたいな方にもおすすめできる本だと思います。

 

よかったところ

この本も歴史から始まります。私は過去からの経緯や変遷などを知識として理解するのがどうやら好きなようなので、こう言った内容があるのはよかったです。
私の場合先にマスタリングTCP/IPを読んでいたので、多少内容のかぶるところもあり、読み進めやすかったです。
それから上でも書きましたが、それまでなんとなくのイメージで把握していたRESTについてこの本でかなり理解を深められたのはよかったと思います。

 

まとめ

Webサービスを作ってみたくてプログラミングに本腰を入れた私にとってこの本は読むべき一冊でした。後半にはWebサービスの設計についてかなりのページ数が割かれています。この本を読むまで「URI設計?そんなのいるの?」くらいに考えていた私ですが、この本を読んで私はバカだったと思わされました。や、今も多分変わりはないのですが…。。
Webサービスなどの開発に関わっていきたい方にはぜひ一読していただきたいおすすめの一冊です。

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

コメント

タイトルとURLをコピーしました