技術書ノすスめ マスタリングTCP/IP 入門編

書籍

こんにちは、ゆきたです。

 

この記事では、勉強報告の一環として、私が今までに読んだ本の紹介をしていきます。

今回は「マスタリングTCP/IP 入門編」です。

 

対象

「入門編」とはありますが大型本で、取り扱う範囲も非常に広く、全くのWeb初学者が読むには苦しい内容だと思います。私がWebの勉強を始めたときは、とりあえずTCP/IPプロトコルという通信のお約束がありまして…みたいな説明で片づけられてしまっていて「なんだかよくわからないもの」という印象だけがありました。Webページや開発に少しづつ触れるようになって、そういえばTCP/IPって何なんだろう?と思った方がこの本の読者対象だと思います。私もそのタイミングでこの本を読みました。

 

よかったところ

ネットワーク基礎知識として、コンピュータの普及の背景などから始まり、順序立てて説明が展開されていくので、いきなり難しい技術の説明とかではない分、理解しやすい構成になっています。また説明にはふんだんに図解やたとえ、イラストなどを使ってイメージで理解できるよう配慮されている点が良かったです。
この本を読むことでモニターの向こう側までの具体的なイメージができるようになると思います。それまで私はなんとなくブラウザを開いて検索していて、その先には”もくもくふわふわ”した雲のようなインターネットがあるぐらいのイメージしかありませんでした。しかし実際はそんなわけはなく、しっかり途切れることなくしかも緻密に仕組みが整えられた物理的なインターネットの世界があることがこの本を読むことで理解できます。
紹介されている内容は広範囲で、本自体も大型本で読み込むのに時間はかかるかもしれませんが、この本を読めば基礎的な部分は網羅できるのではないかと思います。

 

まとめ

インターネットのプロトコルの理解にあたってまさしく入門書としておススメできる一冊だと思います。本の冒頭にも書かれていますが、コンピューターネットワークをマスターするための足掛かりを得るとともに、その全体像を把握できる一冊です。
直接Web制作などの仕事に関係してくるかというと正直微妙なところですが、知ってる方が理解が加速することも多々あると思います。学習を進めていく中で、TCP/IPってなんだろうって思われた瞬間がきたのなら、私はこの本をおススメします。

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版

コメント

タイトルとURLをコピーしました